Profile  プロフィール

img20201019164410997084.jpg img20201018130316069951.jpg img20201019164607526156.jpg

鳥羽 咲音 <とば さくら> プロフィール
Sakura Toba, Cello

 

 2005年に音楽家の両親のもと、ウィーンで生まれる。現在16歳。
 6歳から毛利伯郎氏に師事している。アントニオ・メネセスやダーヴィド・ゲリンガスのマスタークラスにも参加した。
 2018年第18回泉の森ジュニア・チェロ・コンクール中学生の部で金賞を、第19回モスクワ若い音楽家のためのコンクール「くるみ割り人形」弦楽器部門で銅賞を受賞するなど、数多くのコンクールで入賞、優勝を果たした。
 2019年3月に初のソロ・リサイタルを開催し、翌月には「鳥羽咲音の音楽活動を応援する会」が発足した。同年10月にはサントリーホールで沼尻竜典指揮、日本フィルハーモニー交響楽団と「とっておきアフタヌーン」コンサートで共演し、チャイコフスキーの「ロココの主題による変奏曲」を演奏した。さらに11月には白寿ホールで「チェロ・コレクション」Vol.6 に出演。同月には、世界に挑む若い音楽家とアスリートに贈られる第2回「服部真二音楽賞」を受賞した。
 2020年になると、NHK-FM「リサイタルパッシオ」に出演。そして6月から10月にかけて連続リサイタルを開催し、多くの讃辞が寄せられた。11月には山田和樹の指揮による横浜シンフォニエッタとハイドンのチェロ協奏曲第1番を共演し、その演奏をワレリー・ゲルギエフに称賛されている。
 2021年からは、Music Giving代表としてクラシック音楽の普及活動も行っている。また、同年8月には、2021年「若林暢音楽賞」を受賞した。
 使用楽器は2020年製のクレモナのAmorim工房で製作された 1739年モデルのMontagnana ”Sleeping Beauty” 。また弓はJIN工房 陳昌龍製作を使用している。
 2020年4月から同年度の特待生として、桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマ・コースに在籍。また2021年度は同大学の「チェロアンサンブル・サイトウ」奨学生。同年4月から公益財団法人江副記念リクルート財団第50回(2021年)奨学生および、9月より公益財団法人ロームミュージックファンデーション2021年度奨学生。
 
公式ホームページ: www.sakuratoba.com
 
2021年10月現在)

 

Sakura Toba, Cello
 
Sakura Toba was born into a family of professional musicians in Vienna, Austria, in 2005, and began studying the cello at age six with Hakuro Mori at the Toho Music School for Children. Since 2018, she has also attended master classes by Antonio Meneses and David Geringas at the Chigiana Summer Music Academy.
In 2018, she won a gold medal at the 18th Izuminomori Junior Cello Competition in Japan, and a bronze medal at the 19th International “Nutcracker” Televised Contest for Young Musicians, held in Moscow, Russia.
Sakura gave her first solo recital in March 2019, and in April a fan club was founded to support her musical activities. In October of that year, she performed at Suntory Hall with the Japan Philharmonic Orchestra under the direction of Ryusuke Numajiri, as soloist in Tchaikovsky's "Variations on a Rococo Theme.” In November she was awarded “The 2nd Shinji Hattori Music Award,” which is given to internationally promising young musicians.
In January 2020, Sakura was heard on NHK-FM’s Classical Program "Recital Passio.” From June to October, she held a series of solo recitals that were widely acclaimed. In November, she debuted with the Yokohama Sinfonietta under the direction of Kazuki Yamada, performing Haydn's Cello Concerto No. 1, and her performance was praised by Valery Gergiev.
In 2021, Sakura founded the volunteer organization “Music Giving,” which aims to provide young students more opportunities to hear classical music. In August she was awarded “The Nobu Wakabayashi Music Award”.
Sakura plays on a replica of the 1739 Montagnana "Sleeping Beauty." The replica was made in 2020 at the Amorim Workshop in Cremona.
Since April 2020, she has been enrolled as a scholarship student in the Soloist Diploma Course of Toho Gakuen University. She is also a recipient of the 50th Ezoe Memorial Recruit Foundation scholarship and the 2021 ROHM Music Foundation scholarship.
 
Official Website: www.sakuratoba.com
 
(As of October 2021)